「記憶色」と「期待色」

「いい写真が撮れたぞ!最高!」と思っていても、本当に写真を厳密に表現しようとすると、どうしてもRAW現像が必要となってきます。

じゃ、「RAW現像って何なの?」ってことになってきますが、RAWとは、デジタル一眼カメラや上位モデルのデジタルカメラの写真の保存形式のひとつで、カメラに搭載されている、CCDやCMOSなどの撮像センサーからの出力信号を、RAW(「生」または「未加工」の意味)に近い状態で保存したファイル形式のことを言い、撮影は全て原則RAWファイル形式で保存することが条件となります。

日ごろよく耳のするもうひとつの代表的な写真保存形式はJPEGであり、これは色補正の処理をカメラ側が勝手に行い「加工後」の非可逆圧縮のファイル形式となり、すでに加工されたものとなります。

従いまして、RAW現像をするには、カメラ側の保存形式をRAW形式に設定することが原則となります。
また、特殊なファイル形式なのでデータは重く、編集するには特別なソフトが必要となります。
少し経費はかかりますが、一度にたくさん撮るなら要領の大きいメモリーカードを使いましょう。
そのかわり、それはそれは素晴らしい作品が出来上がります。
特殊なソフト?安心して下さい!現在では各メーカーさんのカメラを購入すると必ず無償で付いてきます。

しかしながら、RAW現像を編集できる環境が整ったとしても最終的には人間の感覚が決めてとなります。
それは「記憶色」と「期待色」。
「記憶色」とは、撮影者がある風景や被写体を撮影した時、脳に記憶される感動やイメージカラーの事。
「期待色」とは、写真や印刷において、「こういう色に出来上がって欲しい」と 創造するイメージカラーの事。

編集をするにいたってこのふたつの色の表現は本当に難しい。
だからこそ、ふたつとない個性のある作品が生まれる訳となる。

とにかく撮影した自分の感動をうまく表現したかったら、一度RAW現像に挑戦してみてください。
今まで撮っていた写真が数倍良い写真になることを約束します。

※下記はRAW現像編集一例です。 Photo by kise

01

02